ゼルダの伝説BotW(ブレス オブ ザ ワイルド)攻略日記

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(The Legend of Zelda™ Breath of the Wild)の攻略やTIPSを書いてきます

『ゼルダの伝説』がスマホアプリでに登場か?WSJの報道に任天堂、DeNAの株価も反応

f:id:lifefucker:20170415012018j:plain

昼休みにスマホで株価を見てたら任天堂DeNAが急騰していました。原因を調べてみるとどうやらスマホ版『ゼルダの伝説』開発のニュースが流れたみたいです。

WSJの記事に任天堂DeNAが反応

きっかけは5月15日(月)11:49(日本時間)に公開されたTakashi Mochizuki (@mochi_wsj) 氏のWSJの記事でした。

www.wsj.com

WSJの記事を抄訳すると、

任天堂スマホ版『ゼルダの伝説』のリリースを計画していると関係者が語っている。

任天堂はすでに『Miitomo』を始め、『ファイアエムブレムヒーローズ』『マリオラン』をリリースし、『どうぶつの森』のリリースを発表している。

関係者によると『どうぶつの森』は2017年後半にリリースされ、『ゼルダの伝説』はその後と見られているが、順序が逆になる可能性も。任天堂DeNAとそのゲームを開発している。

任天堂DeNAの代表はコメントを控えている。

ゼルダの伝説』の課金体系については明らかでないが、『マリオラン』ではフルバージョンをダウンロードするために約10ドル(1,200円)を課金している。

 

 

とのことで、ざっくり言うとスマホ版『ゼルダの伝説』をDeNAと共同開発中らしいです。

このニュースを受けて、5月15日の後場(11:49分)に任天堂DeNAは急騰し、一時任天堂は30,140円を付け、DeNAも一時2,747円を付けました。

スマホ版『ゼルダの伝説』のリリースはいつ?

スマホ版『ゼルダの伝説』リリースについては現在未定ですが、順当にいけば2017年度下半期にリリース予定の『どうぶつの森』の後と予想されます。

またWSJのTakashi Mochizuki氏はTweetで、去年のマリオの様にリリース順序が前後する可能性もあると言及していました。

ネットでは賛否両論

根強いファンが多い『ゼルダの伝説』だけに、スマホアプリについてネガティブな意見も見られました。

多いのは「キュレーションでも問題を起こしたDeNA開発はやめて欲しい」だとか、「ガチャはやめて欲しいので買い切りにして欲しい」という意見が見られました。

ガチャにすると沼に嵌りそうなんで、個人的にも買い切りがいいなと思います。

個人的に期待するグラフィックと内容

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 - 3DS

『ブレス・オブ・ザ・ワイルド』ほどのクオリティは期待していないし、スマホの操作感を考えると、シンプルなグラフィック&シンプルな操作性を期待しています。

グラフィックは『トゥーンリンク』や『トライフォース3銃士』といったデフォルメでしたキャラデザで、内容はコロプラの『白猫プロジェクト』のようなシンプルなアクションを期待しています。

あ、でも「スマホをシーカーストーンを見立てて位置情報で地図を入手する」といった内容でも面白そうです。

さいごに

『ブレス・オブ・ザ・ワイルド』もクリアしてしまったので、早く出して欲しいですが早くても2017年の秋以降になるでしょうね。続報を待ちましょう。